Interview 先輩インタビュー

Satoshi
Kanie
蟹江 諭史
Mobile solution モバイルソリューション事業
人との関わりと感動を求めて
新電電に転職

以前は工場で事務や発注を担当していましたが、「もっと人の役に立つ仕事がしたい」「もっと感動できる仕事がしたい」と思い転職を決意しました。やりたいことは定まっていませんでしたが、ホームページで目にした「人を幸せにする企業」という言葉がグッと胸に刺さり新電電に入社しました。


気づかってくれた先輩たちの存在が
大きな支えに

携帯ショップの仕事は評価がランキングに表れるので、初めはその厳しさに心が折れそうになりました。でも、それなら上を目指そうと気持ちを切り替え、気づけば全国に2万人いるSoftBankスタッフのなかで販売実績7位に!食事に誘うなど、フォローしてくれた先輩たちの優しさが嬉しかったですね。


喜ばれるやりがいをスタッフに
伝えていきたい

今はスーパーバイザーとして7店舗を統括する立場になりましたが、店舗で働いているスタッフには長い目で見てプラスになることを伝えていきたいと思っています。私たちにとっていいモノではなく、お客様にとっていいモノを提案して、お客様に喜んで貰えることをやりがいに感じて欲しいですね。

一覧に戻る